治療法と対処

『知らないうちにヤケド!? 低温やけどを正しく知っておこう!』

最近では、環境への配慮から「ウォーム・ビズ」などの対策もありますが、どうしても暖かく過ごしたいというのが冬。


色々な暖房器具も、省エネや環境に良いものが販売されるようになってきましたが、その分注意が必要なのが『低温やけど』です。

簡単に説明すると、長時間“ちょっと温かいもの”に触れていることで『低温やけど』になってしまうのですが、具体的な症状や対処、治療方法を知っておくと防ぐことができるものです。


そして、案外知られていないのが『低温やけど』の症状の重さ。

「きっとちょっとヒリヒリするくらいでしょ?」と思っている人が多いと思いますが、実際の『低温やけど』には程度の差はありますが、重症の場合、普通のやけどよりもダメージが大きく、かなりしっかりと治療をしなければ危ないということがあります。


もしも『低温やけど』をしてしまったという時に、普通のやけどと同じことをしてしまうと悪化してしまうこともあります。

まず、熱湯などでの普通のやけどと『低温やけど』は根本的に違うということを知っておくだけで、適切に対処や防止ができてくることも多いので、ここではそういった情報を紹介していきたいと思います。



特に冬場に暖かく過ごしてもらいたいのは、赤ちゃんやお年寄りといった大切な家族です。

『低温やけど』についての正しい知識、対処、防止策を知って、安全で快適に冬の暖かな団らんを楽しく過ごすためにも、『低温やけど』のことを知っておくことは大切です。


まずは防止すること、そしてもしも『低温やけど』をしてしまった時の対処、治療が必要な場合などを順番に見ていきましょう。



即日発送可プラスモイスト P1 【 未滅菌タイプ 】200mm×250mm 3枚入り新しいタイプの被覆・保...
次>>