五月人形・こいのぼり特集【トイザらス・ベビーザらス】
吉徳監修 おすすめひな人形【ベビーザらス】

お返し

『初節句のお祝いのお返しはどうしたらいいでしょうか?』

可愛い我が子の初節句のお祝い、雛祭りを滞り無く済ませた後に、一緒に赤ちゃんの健康と成長を願ってくれた人たちへとお礼とお返しをしなくてはならないけれど、どうしたら良いのか解らない!

そんな人には、とてもシンプルですが、形式から外れないきちんとしたお礼やお返しの方法を見ていきましょう!


まず雛祭りという初節句のお祝いは、「七五三」や「父の日・母の日」「入学祝い」などと同じ“内祝い”という形式の中でのお祝いとなります。



そのため、初節句のお祝いへのお返しは、その場へのご招待でのおもてなしをもってお返しとすることが一般的です。

とはいえ、親族などにはそうできても、友人や知人、会社関係の方からのお祝いや、郵送・宅配などで届いた初節句のお祝いのお品物には、なんらかの方法でお礼を述べるのがベストです。

ここで「じゃあ、メールで」と思う人もいると思いますが、初節句へのお祝いのお礼としては礼儀を欠いてしまうこともありますので、すぐにお礼状を書くようにしましょう。

その際、初節句の様子を映した写真などを添えるのも、相手へのお礼・お返しとしてのさりげない心遣いとなります。


また、お礼状では済ませられないような立場の方からの初節句へのお返しは、品物になりますが、お赤飯や紅白のお菓子(お饅頭やお砂糖など)、桜餅などを送るのが良いとされています。

高価なお品物をお祝いに戴いている場合には、「半返し」と呼ばれる、戴いたお品物の半分くらいの金額のものをお返しとして贈るのが良いでしょう。

どちらにしても、お礼状を添えることを忘れないようにしましょう。


それから此処が重要ですが、お礼やお返しは3月半ばまでに済ませること、お返しの中には赤ちゃんの名前で贈るものがあるというお返しのマナーを守ることです。



一番気になるのは、我が子の祖父・祖母にあたる両家の親ですが、この場合に初節句でのお返しをするという話は聞きません。

それよりも、生まれてきた赤ちゃんの笑顔を見せてあげたり、抱いてもらうという、「おじいちゃん、おばあちゃんが一番楽しい」と思うことをたくさんしていけるように頑張りましょう!



<<前